作業服や安全靴は使い勝手が良く体を保護する物を選ぶことが大切

作業服や安全靴は製造や解体などの現場に出向くのに不可欠ですが、身に着けている人にとって使い勝手が良く、安全が確保されることが重要になります。また、実用性だけではなく、見た目の良さも長く愛用するための選択肢です。

作業服や安全靴を選ぶ際は用途や管理方法を踏まえることが大切です。様々な製品を比較し、長く愛用出来る一品を見つけましょう。

作業服の特徴と業種ごとに異なる理想のデザイン

作業服は多くの場合、汚れやすい環境での肉体労働に従事する人が着用します。実用的な衣類の中でも作業服は作りが頑丈なのが特徴です。引っ掛けや高熱など生地が傷む刺激に強い材質で作られている特徴があります。また、吸水性を重視した材質を裏生地に使う作業服も多く、発汗しやすい環境でも不具合無く着ることが可能です。

また、作業服は事故防止のために安全性に配慮したデザインになっているのも他の服とは異なる点です。引っ掛けの原因になりやすいポケットは蓋やファスナーで閉じる構成になっている他、最初からポケットが無いデザインになっています。

上下が一つになっているつなぎの作業服は着脱に手間がかかる欠点がありますが、部品や薬剤などの異物がすき間から入り込むトラブルを避ける効果があるので作業現場では人気が高い衣類です。作業服に求められる機能は業種ごとに異なるので、割高であってもそれぞれの業種に特化しているデザインの一着を選ぶのが事故の無い、安全な作業にするための心得になります。

試着して着心地を確認するのも作業に適した一着を選ぶ方法ですが、通販で購入する場合は試着が出来ないのでより慎重に選ぶことが大切です。

安全靴の選び方と手入れの方法

安全靴は主につま先部分が鋼鉄などの頑丈な材質で補強されている靴です。作業現場では重い物品を足の上に落したり、つま先を挟んでしまう事故に見舞われることがあります。安全靴は補強された先端部が外部からの強い衝撃を防ぐ働きがあるので足に怪我を負うリスクを避けることが可能です。

安全靴は先端部分が補強されていますが、それ以外の部分は普通の靴と変わらないので使用する際は注意が必要です。また、補強部分は重量があるので足が疲れやすくなる他、通気性が殆ど無いことから湿気が籠って汚れやすくなる欠点もあります。

近年では軽量化された樹脂を補強材に使う他、靴の安全を損なわない程度に穴を空けて通気性を持たせた安全靴が市販されていますが、運動靴のように作業目的ではない靴と比べると足への負担が大きいので長時間の使用を避けるなどの工夫が求められます。

安全靴によっては踏み抜きを防ぐ目的で靴底全体を鋼板で覆っている物もあります。作業環境や体への負担を踏まえ、目的に合う一足を選ぶのが長く使うためのポイントです。安全靴は構造上、内部に湿気が溜まりやすく汚れやカビが生じることがあります。

使用中に強い衝撃を受けて補強部分が変形することもありますが、安全靴は次第に補強部分が摩耗して耐久性が低下します。そのため、外見上は目立った損傷が無くても定期的に新品と入れ替えるのが足元の安全を保持する秘訣です。

肉体労働に適した衣類や靴を購入する際のポイント

作業服や安全靴などはホームセンターや保安用品の専門店で購入することが出来ます。近年では多くの通販サイトで保安用品を扱っているので、近隣に販売店が無い地域に住む人でも作業に用いた製品を購入することが可能になっています。

作業服や安全靴は実際に身に着けて使い心地の良さを確認するのが重要です。作業中の動かしやすさや体への負担の有無は仕事の効率性を大きく左右するので、一切の妥協が無い慎重な判断が不可欠です。そのため、製品を手に取って確認することが出来ない通販サイトでは製品情報や利用者の口コミなどの情報を吟味し、信頼出来る業者から購入するのが失敗の無い選び方になります。

また、通販サイトの画像によっては色合いが現物と異なるケースもあるので、購入する前に製品の情報をよく読んでおくことも必要です。同じ製品でも通販サイトによって販売価格や送料の費用が変わるので、用意出来る予算と釣り合っている業者を利用するのが金銭の支出を抑える工夫になります。

汚れた作業服を新品同様に洗浄するコツ

作業服は使用環境によって付着する汚れに違いがありますが、多くの業種では泥や脂など生地を染める程の酷い汚れです。特に石油系の薬剤による汚れは家庭用の洗濯機では十分に落とすことが出来ません。クリーニング屋に洗濯を依頼する他、昔ながらの手揉み洗いで汚れを取り除くのが効果的な対処法になります。

溶剤や油汚れは生地に沁み込みやすく、強力な洗剤を使っても完全に取り除くのは難しいのが実情です。酷い汚れは漂白剤で色を抜き、目立たなくするのが適切な対処法です。しかし漂白剤は衣類の生地を傷める他、汚れていない部分まで漂白して色を抜き取ってしまう点を注意する必要があります。

生地の材質によっては穴が出来る程の傷みに見舞われることもあるので、必ず作業服のタグを確認して適切な方法で選択を行うことを心がけます。襟足や裾などの酷い汚れは家庭用の洗濯機では十分に落ちないことがあるので、事前に手揉み洗いを行うのも作業服を綺麗に仕上げるための工夫のひとつです。

秋冬を快適に過ごせる作業服

保安用品を傷めずに長く使う工夫

作業服や安全靴を長く使い続けるためには清潔な状態を保ち、不具合が起きないように手入れを適切に行うのが効果的です。付着した汚れの放置は劣化を早める原因なので、不潔な環境で作業した後は速やかに汚れを取り除くことを心がけます。

また、摩擦や衝撃などの刺激を受けると急速に傷みが進むことも把握する必要があります。作業服や安全靴は傷みが生じるとその部分から損傷が拡がり、作業中の事故を誘発する原因になります。傷んだ部分を補修しても耐久性は改善しないので、不具合が起きた作業服や安全靴は新品に交換するのが無難な対処法です。

しかし、新品への交換は支出額の増大に繋がり、金銭管理の面で大きな負担になってしまいます。余計な支出で生活に負担が及ばないように、日頃から作業服や安全靴の管理には細かく気を配ることが大切です。作業服や安全靴を傷めずに使い続けるためには必要な状況以外での使用を避けるのも方法の一つです。

作業現場に出向く時だけの使用に留めるなど、消耗を防ぐ工夫がお気に入りの一品を長持ちさせることに繋がります。